マビックのホイールについて

マビックはフランスの自転車部品のメーカーです。
完成品のホイールなどが主力製品となっています。

1889年に創業したのち、1934年にはジュラルミンを用いた超軽量のリムを完成させ、80年代にはコンポーネントやマウンテンバイク用のリム製作も手掛けるようになりました。
さらに93年には、独自のシステムを搭載した電動変速機を開発しました。

 

 

 

しかし、電動式の変速機は、誤作動が多く、非常にデリケートで壊れやすかったため、一般ユーザーやプロの方からの評価は散々なものでした。
99年にはブレーキレバー、変速機、サイクルコンピューターを組み込んだコンポーネントを開発させましたが、突然動作が停止したり、トライアスロン用の自転車には搭載できないというデメリットがあり、評価は芳しくありませんでした。

ですが、ホイール、リムはプロ選手などから高い評価を得ており、依然として根強い人気があります。
中でも完成品ホイールのキシリウム、エントリーモデルのアクシウムや、ロードバイク用のリムであるオープンプロなどは非常に高い評価になっています。

73年にはツールドフランスにも採用されており、黄色の表面に黒い文字の「マビック」のロゴが描かれた自転車は、レースにおいて必ずと言っていいほど目にする有名なブランドになりました。

マビック以外のホイールで有名なのは、カンパニョーロホイールなどもあります。

こちらは、イタリアのホイールメーカーで派手目のデザインが好きな方はこちらも検討してみるのもいいですね。